「南に向けた自然素材の家」

とにかく自然素材に囲まれた家にしたい。そんな施主さまの願いを叶えた自然素材の家ができました。壁は漆喰、造作や内装には無垢材をふんだんに使用。まるで、住む人と一緒に呼吸するような、ナチュラルな暮らしを実現します。細長い敷地でも、建物が真南に向くように設置され、光が溢れる自然素材の家です。

多くのハウスメーカーを尋ね歩いたものの、予算が合わず諦めてかけていた施主さま。そこで出会ったのが(有)江尻建築でした。鉛筆で書いていた設計案を元に、間取りについて何度も何度も打合せ。あらゆる希望を提案したそうですが、関係法令に反するもの以外は、ダメと言われた記憶がなかったとか。それだけ施主さまの希望が叶えられた家なのです。

床には温もり溢れる桧、カウンターの板にはイチョウなどの無垢材、また壁には漆喰と、自然の温もりが溢れる空間になりました。建築中も、カウンターや食器棚の高さを家族の身長に合わせて調整したり、計画になかった棚を制作したりと、フレキシブルに対応。

台形で細長い敷地でも、建物が真南に向くように配置され、日中はたくさんの光が入り、冬場でも暖房はほとんど使わないそうです。吹き抜けは、開放感を演出するだけでなく、空気の通り道となっており、温められた空気が2Fまで届くよう設計されいます。「1年住みましたが、冬でも昼間は本当に家全体が暖かいんです」とUさん夫婦。

キッチンと並列に並ぶ造作ダイニングテーブル。動きやすいようにアールを付けました。「キッチンにいれば、家族がどこにいるのかが分かるようにした」という間取り。また、カウンターが目の前なので、食事を出す・片付けるという一連の作業が楽。写真奥には使い勝手の良いパントリーも。
広々とした土間と、存在感抜群の桧の大黒柱が印象的な玄関。
「部屋は寝るだけの場所にしたい」という要望から、家族共用の勉強&作業スペースを2Fの階段すぐそばに設置。本棚も設置されています(左)。
「南からの太陽光をたっぷり家の中に採り入れたかった」という希望で、リビングが真南になるよう家を配置。
建築データ
所在地:
いわき市
家族構成:
夫婦 子供二人
延床面積:
122.15u(37坪) 1階80.74u/2階41.41u
敷地面積:
496.94u(135坪)
竣工:
平成25年4月
設計:
(有)江尻建築設計事務所
施工:
(有)江尻建築
構造形式:
木造軸組在来工法
主な外部仕上:
屋根)和型陶器瓦 外壁)防火サイディング塗装品
主な内部仕上:
天井)土佐和紙、杉羽目板張り
壁)
漆喰塗り、杉羽目板張り
床)
ヒノキ無垢板張り(一部耐水フロアー)、国産縁なし畳