「 人を呼び込む土間のある家 」


以前は店舗建住宅だった建物を住宅専用に建て替えました。建主様は、地域活動やボランティアで江尻建築とは知り合いでしたが、「雨楽な家」のモデルルームを見学したところ、モダンで自然素材がたくさん使われている家づくりに感激し「この家が欲しい!」と、あらためて建築を依頼したそうです。奥様は洋風を、ご主人は和風を希望されていましたが打ち合わせを重ね、生活スタイルと使い勝手を考え丁度いい和モダンスタイルの家ができあがりました。

最も特徴的なのは、玄関ドアを開けるとまず目に入る玄関土間越しのカウンター付き対面キッチン。隣組や地域の役職などずっと地域に根ざし、ご友人もお多いY様ご夫婦は、気軽に立ち寄って欲しいとの思いから玄関土間の前に台所とカウンターを設けました。土間のベンチやカウンターに座ったお客様といつでも話に花を咲かすことが出来ます。
1階は昔で言うところの「二間続きの和室」の変形バージョン。メインの居間部分は桧のフローリングに6畳の畳スペースがあり、奥の和室はお客様が集まったときに大きく使えるように引き込み戸なっています。キッチンからの見通しもよく、大きなワンルームのようになっています。昔の暮らしの良いところは残しつつ、現代のライフスタイルに合わせた間取りです。

敷地に余裕があるので、家庭菜園にも力を入れています。畑仕事の合間に縁側の椅子に座って一服つくのが何よりの楽しみ、とご主人。とっても明るいご夫婦がお二人揃って縁側で談笑している様子は、まさに「人生の楽園」のようでした。  (長期優良住宅認定)

1階の梁を大胆に表しにして、2階のフリールームと一体化するようにしました。「8寸の大黒柱がしっかりと家を支えていますよ」と江尻社長。

キッチンが中央で左手にサニタリー関係、右手に和室が2つ。

「ゆ」の奥がサニタリースペース。洗面脱衣、収納、トイレが扉を開けると一体に。写真はありませんが、家族分の洗濯物、衣類を置いておけるよう収納を充実させています。

奥の和室が寝室。寝室は畳にしたかったのと、帰ってきてすぐに寝れるのがポイントとのこと。

もう一つの和室は客間。今は子どもたちの格好の遊び場です。

和室と和室の間に階段。

2階のキッズスペースは子どもたちの遊び場&勉強もここです。

フリールームからリビングを見下ろすと縦の一体感が味わえます。1階で家事をこなしつつ2階のお子さんたちの気配がわかります。

左手に子供部屋(寝室)2つ。

フリールームの隣はご主人の書斎。仕事用の書物や奥様の好きな漫画などが置ける大容量の本棚を設置。
こちらの透明の窓からもリビングが見下ろせます トイレも真壁に漆喰で

玄関土間は那智黒石洗い出し仕上げ。ご主人の趣味の水槽の熱帯魚がお客様をお迎えします。

急な雨にも対応できるよう、洗濯物干し場には屋根を深めに設置しました。透明なので日差しを遮りません。
デッキはリビングから和室まで。布団を干すのに便利な手すり付き。

白と黒と色を変えた外観は「江尻さんぽいかなって(笑)」と奥様。木の色と相まってご夫婦好みの和モダンな雰囲気です。

建築データ
所在地:いわき市/家族構成夫婦+子供2人
延床面積:130.83u(39.57坪) 1階:81.15u/2階:49.68u
敷地面積: 300u(約100坪)
竣工: 平成29年12月
設計: 蛭田修二建築事務所+(有)江尻建築
施工:(有)江尻建築
構造形式: 木造軸組構造
参考予算: 2500〜3000万円

※ 本体価格に含まれるもの:建物本体(家具工事、設計料含む)
※含まれないもの:外構、地盤改良、解体費、屋外配管工事、諸経費、カーテン、エアコン、照明、太陽光発電、消費税など