「定年後、二人でゆったり暮らす家」
子供たちが巣立ったあと、夫婦二人の生活に備えて、建て替え、リフォームをされる方が増えています。
 
今回はご夫婦二人で住む清々しい和風住宅です。
ご主人の定年をきっかけに家づくりをお考えになりました。
様々な無垢材と作り付けの家具で落ち着いた雰囲気の中、各部屋がゆったりと作られた素敵なお住まいです。
どうぞごゆっくりご覧ください。
天井は洋風のメイプル板貼り、
床はオークの無垢板でモダンに。
最新のキッチンに+将来を見据えて可動式の椅子も設置。 電気蓄熱暖房で家中を暖めます。
室は落ち着いた和の造作家具を造り付けにしてます。
間仕切りの少ない広々とした生活空間は、段差もなく車椅子など老後も安心して暮らせます。
玄関は化粧垂木と
造り付けの玄関ドアで純和風→

トイレ・お風呂・洗面脱衣・キッチンまで水周りが
広い開口でつながっています。
玄関脇の便利な納戸→
江尻社長の「今回の現場裏話」

ご主人の定年をきっかけに、
老後の奥様との二人の生活を考え建て替えを行った住まいです。
安全で安心で快適に生活していきたいとのことで、施主様のご友人の
蛭田修二建築事務所の所長へご相談、施主は当社へとご指名頂きました。

外観は清々しい和風の化粧垂木や梁が特徴的です。
木造平屋建てで25坪程度の大きさですが機能はぎっしり詰まっています。
オール電化仕様でIHクッキングヒータ、温水ユニット、蓄熱ヒーター、
高性能エアコン設備特注木製玄関ドア、内部樹脂型ペアガラスサッシ等。

床はオークの無垢板張り、壁はクロス類は一切使わないで桐板か塗り壁材で
仕上げています。屋外テラス部はゴムチップ塗装をして転倒による事故を
防止しつつゆっくりくつろげるよう優しい配慮を心がけています。