「職人とつくる自然素材の家」
  素材と性能と職人の技術を重視して家を建てたかった、という建主さま。
「雨楽な家」のモデルルームを見学し、その確かな施工と、漆喰・和紙・無垢の木の心地よさに惹かれました。
そして展示してあった当社の職人が釘を一本も使わないで造ったという囲炉裏に感動し、当社へ決めていただきました。
実際に住み始めてからは、高台に位置する立地、さらに南北に大きくとった窓からさわやかな風が一日中吹き抜け
今年の猛暑でも室内では涼しく感じられました。何より室内の空気が今までと比べ物にならないくらい爽やかだそうです。
断熱性能も重視したのでこれから寒くなっても安心して冬が過ごせます。
建具を開け放すと、玄関から和室、リビングと抜群の抜け感があります。和室の地窓からは坪庭を臨む。
建具を閉じたところ。
床・柱は桧、梁は地杉、壁は漆喰、天井は地杉と和紙で構成。ケミカルなものはほとんど目に入りません。
キッチンの後ろにはパントリー(食品食器庫)があり、引き戸で隠せます。
2階の子供部屋。子どもが過ごす場所なのでこちらも自然素材重視。梁が表しで、将来ダイナミックに遊んでくれそうです。
玄関の三和土(たたき)は左官樹脂タイル仕上げ。すべてが引き戸なので空間を開け放したり閉じたり使い分けやすい。
2階廊下に設けた山の景色を眺められる書斎スペース。
洗面脱衣の造り付けのシステム収納。
大きく張り出した下屋が目を引く、和とモダンを組み合わせた外観。
玄関周りに大きく屋根がかかっているので雨風がしのげ、外出時や帰宅時に安心です。

 

建主さまより

とにかく素材感が気に入っています。
空気が爽やかだし毎日早く家に帰りたい(笑)。
間取りは当初2階リビングで進めていましたが、高台ということもあり、小上がりの和室から坪庭を眺めるという提案も気に入り1階 リビングにしました。
やはりこちらのほうが落ち着きますので、結果的によかったですね。
想像以上の造りと快適さで毎日家にいるのが楽しくて仕方ありません。