施工事例_Ⅰ

「 狭小土地に町家な5LDKモデルハウス誕生! 」

2020年4月に完成したばかり有限会社江尻建築モデルハウスのご案内です。
場所はいわき市平南白土の江尻建築本社のすぐそばです。江尻社長「今回のモデルハウス新築計画にあたり、近年若い人から要望の多い30?35坪程度の大きさの家ながら、それぞれの部屋空間に余裕があり、機能的な家を検討しました。
45坪の狭小敷地に駐車場を2台配置し、1階2階合わせて33坪の建坪の中に家族4人がのびのびと暮らせる家を実現しました。」家の中ほどに坪庭を設け昔ながらの町家づくりにすることで、縦長の狭い敷地を上手に利用しています。
1階は廊下を作らないプランニングで、LDKと水回りと和室があるとは思えないほどの広がりが感じられます。逆に2階はスタディスペースを合わせた廊下面積を多く設け、各居室の独立性を保てるようにしています。そして全部合わせるとなんと5LDK+スタディスペース+ロフト(※33坪です!)内装の素材は江尻建築の標準仕様である無垢の国産材と漆喰と和紙で仕上げられ、入った瞬間から澄んだ空気感を感じて頂けます。またこのモデルハウスはエコで高効率なガス発電エネファームを採用し、緊急時に自家発電でもできるようにしています。
大工の匠の技が生きる江尻建築の家づくりをぜひモデルハウスでご体感ください。
45坪の縦長の土地に建てられた町家づくりの家。延床33坪で細長い形ですが、内部は広々としています。

エントランスと駐車スペース2台分。駐車場部分はタイルと丸形コンクリートを施し、無機質にならないように配慮。植栽と枕木ポストも優しいアクセントになっています。